NARUTO


    NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の漫画作品。またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。 忍同士が超常的な能力「忍術」「体術」「幻術」「仙術」
    263キロバイト (45,640 語) - 2022年6月11日 (土) 01:19
    こんなもん優しくて不幸体質の紅先生に決まっとるだろうが!

    1 風吹けば名無し :2022/01/26(水) 23:07:59.93

    この中から選ばないといけないらしい

    (出典 i.imgur.com)


    【【画像】なんJ民が決めるNARUTOの結婚したいヒロインNO.1www】の続きを読む


    第一部の中忍試験では、ペーパーテストでは奇壊蟲を使ってカンニングに成功。第三試験の予選では音隠れのザクと対戦。孔に奇壊蟲を詰めたことをザクが気付かずに斬空波を使おうとしたことで両腕が暴発し、勝利した。本戦ではカンクロウの棄権により1回戦で不戦勝になったが、この結果への不服から木ノ葉崩し
    296キロバイト (58,538 語) - 2022年6月6日 (月) 09:13
    NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の漫画作品。またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。 忍同士が超常的な能力「忍術」「体術」「幻術」「仙術」
    263キロバイト (45,640 語) - 2022年6月11日 (土) 01:19

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    下忍で変な人形使うだけか…弟のできが良いと苦労するじゃん

    1 風吹けば名無し :2022/01/21(金) 02:51:14.38 ID:ezjmaqgj0.net

    真の落ちこぼれってこいつだよな


    【【兄より優れた弟】風影の兄上、カンクロウさんのスペックwww】の続きを読む


    -ナルト-の登場人物 > はたけカカシ はたけ カカシ 、岸本斉史作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『NARUTO -ナルト-』に登場する架空の人物。アニメでの声優井上和彦、少年時代田村睦心(劇場版『疾風伝 ザ・ロストタワー』以降。上映前に製作された『カカシ
    37キロバイト (6,194 語) - 2022年4月23日 (土) 10:20

    ガイとカカシ以外の上忍弱すぎたよな。ナルト世代が優秀だから良かったけど


    1 風吹けば名無し :2021/12/28(火) 05:25:53.74 ID:FBC1DdqG0.net

    酷すぎる


    【【NARUTO】木の葉の里ってカカシ以外の上忍全員弱すぎじゃね?】の続きを読む


    岸本斉史:「NARUTO」長期連載を終え「やりきったが…」 4年半ぶり新連載で原作者に徹する理由  MANTANWEB(まんたんウェブ)
    (出典:MANTANWEB(まんたんウェブ))


    NARUTO -ナルト- > NARUTO -ナルト- 疾風伝 『NARUTO -ナルト- 疾風伝』(ナルト しっぷうでん)は、漫画『NARUTO -ナルト-』を原作とするテレビアニメであり、前作『NARUTO -ナルト-』の続編。 原作における第二部が基になっており、2007年2月15日から20
    188キロバイト (11,666 語) - 2021年10月2日 (土) 14:32


    ペインが里に攻めてきたあたりが内容的にも作画的にも最高に熱かったなー

    【【朗報】NARUTOの岸本先生、やっぱり画力は最高レベルだったッ!】の続きを読む


    ^ アニメでの君麻呂の回想では、大蛇丸の草薙の剣で止めを刺されている描写があり、大蛇丸の発言から君麻呂とも交戦したようである。 ^ 第二部では「加瑠羅」と表記された。 ^ 続編の『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT
    296キロバイト (58,538 語) - 2022年6月6日 (月) 09:13

    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    キャラも良かったし、あそこで死ぬには惜しい男だったよな

    1 風吹けば名無し :2022/02/27(日) 14:25:26.71

    強すぎ


    【【NARUTO】君麻呂って1部の敵にしては強すぎたよな、カカシしか勝てんだろ】の続きを読む

    このページのトップヘ