漫画


    ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画作品。2009年7月3日からウェブサイト上で連載され、2012年9月2日放送のNHK『ネット発 マンガ革命』によれば、1日2万回閲覧され累計1000万人以上が閲覧したという。 リメイク版(作画:村田雄介)が『となりのヤングジャンプ』(集英社)において2012年6月14日から連載されている(6撃目
    360キロバイト (61,110 語) - 2022年6月18日 (土) 01:14
    ブラストは弱くてもメンタル強者であってほしかった…なんとか威厳を取り戻してほしいよな

    1 風吹けば名無し :2022/06/27(月) 13:36:48.58
    いやブラスト強かったやん
     
    『となりのヤングジャンプ』で連載中の村田雄介版『ワンパンマン』。6月23日に更新された第211話では、謎に包まれた最強ヒーロー・ブラストの戦いが描かれた。しかし、その内容があまりに解釈違いだったとして、ファンから大不評を買ってしまったようだ。

    ※『ワンパンマン』最新話の内容に触れています

    ブラストといえば、S級1位に位置する作中最強クラスのヒーロー。しかし実力は謎に包まれており、戦闘シーンが描かれたことすらほとんどなかった。

    今回のエピソードでは、そんなブラストが“神”の力でパワーアップを遂げたガロウと正面から激突。ブラストには「宇宙の真理」を操る力があるらしく、「次元砲(ディメンションキャノン)」「重力拳(グラビティナックル)」といった技を放つ。

    そしてワープホールのようなもので、ガロウを強制転送しようとするのだが、強大なエネルギーによって失敗。逆に「核分裂重力拳」という技で、激しい反撃を食らうのだった…。

    ついにその実力を発揮したブラストだったが、ガロウと同レベルどころか、わずかに押されている印象。ガロウが覚醒し、災害レベル“神”と自称するほどの力を手に入れているとはいえ、ブラストの活躍が見られなかったことに失望する人は多い。

    「最強」のはずがサイタマの引き立て役に

    戦闘力だけの話ではなく、キャラクターとしての描き方も賛否を呼んでいる模様。ブラストは技を打ち破られた際、「何」と驚愕しており、終始冷や汗をかきながらガロウの相手をしていた。

    さらにサイタマが駆け付け、ガロウと「マジ殴り」の応酬を繰り広げた際には、膨大なエネルギー量に驚きつつ、地球が砕けるかもしれないと警鐘を鳴らす。いわばバトル漫画でありがちな、“解説役”のポジションに収まっているのだ。

    ブラストの格がガタ落ちしたことで、原作ファンからは《なにこの展開…ブラストが一気にモブ化したぞ》《村田版ワンパンマン、一線超えちゃった》《原作でまだ出てきてさえないのにブラストの底が見えちゃったじゃん》《ブラスト登場何年も引っ張ったのにドラゴンボールの界王神みたいな小物臭してて悲しい》《サイタマより弱いのが確定してしまったのが惜しい》といった不満の声が噴出している。

    とはいえ、周囲のキャラクターまで死に瀕しており、このままでは地球自体が破壊されかねない状況。ブラストは今後、その能力によって時を戻す役割を担うのかもしれない。そう考えれば多少救いはあるが、戦力としてはサイタマやブラストに及ばない描写となっていることは否めないだろう。

    今後、ブラストの威厳をとり戻す展開にもっていくことはできるのだろうか…。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/105621
    https://tonarinoyj.jp/episode/3270296674428450886

    【【超悲報】最新話『ワンパンマン』の展開が大不評で、失望の声が続出…ッ!!】の続きを読む


    SLAM DUNK (スラムダンクからのリダイレクト)
    DUNK』(スラムダンク)は、バスケットボールを題材にした井上雄彦による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。 主人公の不良少年桜木花道の挑戦と成長を軸にしたバスケットボール漫画。単行本第21
    78キロバイト (7,502 語) - 2022年6月9日 (木) 09:47
    スラムダンクにあこがれてバスケット部に入っちゃった人なんかは人生観どころか人生変わってるわけだもんな

    1 カリスト(東京都) [US] :2022/06/23(木) 16:15:06.11

    「人生観が変わった漫画」ランキングTOP17! 1位は「SLAM DUNK」【2022年最新調査結果】
    https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/786763/

    【【衝撃】多くの笑いや感動を与えてくれた『人生観が変わった漫画』ランキングが発表されるッ!!】の続きを読む


    ベルセルク』(BERSERK)は、三浦建太郎による日本の漫画作品。白泉社発行の漫画誌『ヤングアニマル』にて連載中。単行本は白泉社からヤングアニマルコミックスのレーベルで刊行されていた。 中世ヨーロッパを下地にした「剣と魔法の世界」を舞台に、身の丈を超える巨大な剣を携えた剣士ガッツの復讐の旅を描い
    126キロバイト (16,740 語) - 2022年6月24日 (金) 04:07
    恒二(もり こうじ、1966年11月28日 - )は、日本の漫画家。東京都出身。妻は漫画家のあっきう。『ヤングアニマル』連載の『ホーリーランド』は、テレビドラマ化もされた。 小さいころから体格に恵まれ、親の勧めで入ったリトルリーグで野球に打ち込んでいた。所属していたチームは全国大会で優勝を経験し
    8キロバイト (1,204 語) - 2022年6月9日 (木) 04:21
    思ってたより全然絵に違和感なくてビックリした…今後の楽しみが増えて嬉しい!

    1 パラス(茸) [ニダ] :2022/06/24(金) 05:43:19.28

    昨年5月に亡くなった三浦建太郎さんのマンガ「ベルセルク」が、6月24日発売の「ヤングアニマル」(白泉社)13号で連載を再開する。

    同作は、昨年9月に第364話が掲載されて以来、休載していた。
    三浦さんの親友で「自殺島」などで知られるマンガ家の森恒二さんが監修し、「原作・三浦建太郎 マンガ・スタジオ我画 監修・森恒二」として連載を再開する。

    同号では2話分が掲載され、今後は「幻造世界篇/妖精島の章」のラストまで計6話分が掲載される。
    主人公・ガッツが描かれた扉ページも公開された。
    「連載再開!!!」「あの衝撃の先へ――」というコピーが添えられている。



    https://mantan-web.jp/article/20220621dog00m200006000c.html

    【【超朗報】ベルセルク、三浦先生の想いを背負い、ホーリーランドの森先生監修でついに連載再開ッ!!】の続きを読む


    呪術廻戦 (五条悟からのリダイレクト)
    生し、9月に京都校と行われる「交流会」に向けて、五条のもとで特訓を始める。伏黒と釘崎も、二年生のもとで特訓していた。 一方では、かつて「百鬼夜行」を起こした特級呪詛師・夏油傑が、人間の殲滅を目論む特級呪霊の漏瑚らと手を組み暗躍していた。夏油達は五条悟封印の計画を立て、実行日の10月31日に向けて、その準備に入る。
    195キロバイト (34,834 語) - 2022年6月11日 (土) 13:03
    ライターの草野虹と須永兼次は主人公・リムル役を務める岡咲美保の演技について以下のように語る。 草野虹 ― リムルの場合、精神や口調は男性寄りで外見は女性寄り、生物としては中性なためどのように発せられれば良いのかとても掴みづらい。男性とも女性とも感じさせない絶妙なトーンや声色、それでいて温和な性格で天真爛漫としたリムル
    61キロバイト (4,712 語) - 2022年6月2日 (木) 12:40
    五条悟、リムル、サイタマがランクインか…悟空やラッキーマンが1位じゃないのに時代を感じる

    1 風吹けば名無し :2022/06/22(水) 22:07:08.03 ID:aRfYgM3U0.net
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebc4779e167cc74ea3dcc08c13358fa72c7df896

    2022年春スタートの『史上最強の大魔王、村人Aに転生する』をはじめ、アニメには“最強”と呼ばれるキャラクターが数多く存在します。

    どんな相手でも一瞬で倒してしまう戦士だったり、圧倒的に不利な状況も覆してしまう指揮官だったり、力を解放すると周囲に甚大な被害を与える能力者だったりと、描かれ方もさまざまです。

    そこでアニメ!アニメ!では「“最強”キャラといえば?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。
    6月8日から6月15日までのアンケート期間中に1,314人から回答を得ました。男女比はほぼ同数。年齢層は19歳以下が約70パーセント、20代が約20パーセントと若年層が中心でした。

    【【徹底解析】全てのアニメの“最強”キャラランキング、ついに決定!!】の続きを読む


    mu/comic/news/439081 2021年8月1日閲覧。  ^ “『SPY×FAMILY』2022年TVアニメ決定!”. TVアニメ『SPY×FAMILY』 (2021年11月1日). 2021年11月1日閲覧。 ^ “「SPY×FAMILY」来年TVアニメ!ロイド役は江口拓也、WIT STUDIO×CloverWorks制作”
    200キロバイト (9,762 語) - 2022年6月11日 (土) 01:37
    SPY×FAMILY』(スパイファミリー)は、遠藤達哉による日本の漫画。『少年ジャンプ+』(集英社、以下『J+』)2019年3月25日より隔週月曜更新で連載中。 遠藤にとって3作目の連載作品。赤の他人だったスパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女が「仮初の家族」を築き、「家族としての普通の日常」を送
    70キロバイト (8,680 語) - 2022年6月17日 (金) 02:06
    日本人っていうのがまず厳しい気もするけど、特に子役で合ってる子を選ぶのが大事になりそう

    1 muffin ★ :2022/06/16(木) 14:08:00.82
    https://www.cinematoday.jp/news/N0130702
    2022年6月15日

    「『SPY×FAMILY』実写化されたら演じてほしい俳優&女優ランキング」を、TVマガが発表。主人公のロイド・フォージャーを演じてほしい俳優の1位には、玉木宏が選ばれた。

    ロイド・フォージャーは、西国情報局に所属する敏腕スパイ。すらっとした体格や整った顔立ち、渋い声がロイドにぴったりなどの理由から、玉木が1位に輝いた。2位にはディーン・フジオカ、3位には吉沢亮が入った。

    ヒロインのヨル・フォージャーを演じてほしい女優1位に選ばれたのは、新垣結衣。「綺麗なのと冷徹な雰囲気どちらとも出せそう」「上品だけど裏がある役が似合うから」といった理由があがった。2位には綾瀬はるか、3位には栗山千明が入った。

    他人の心を読める超能力者の少女アーニャ・フォージャーを演じてほしい女優1位は、稲垣来泉。子役とは思えないほどの演技力が決め手となった。2位には加藤柚凪、3位には芦田愛菜と本田紗来が入った。

    情報屋のフランキー・フランクリンを演じてほしい俳優1位に選ばれたのは、ムロツヨシ。「モジャモジャ頭とコミカルなイメージが、フランキーそのまま」などの理由があがった。2位には大泉洋、3位には濱田岳が入った。

    同調査は、10~50代以上の男女(性別回答しないを含む)100名を対象に、ドラマ口コミサイト・TVログ内のドラマ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceが実施したもの。5月12日から30日までの期間に、公式Twitterアカウントや、他インターネットでリサーチしたアンケート結果を集計している。


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    その他キャラ
    https://saru.co.jp/tvmaga/spyxfamily-jisshaka/

    【【朗報】話題の『SPY×FAMILY』、実写化されたら演じてほしい俳優が話題に!】の続きを読む

    このページのトップヘ