フジテレビ番組一覧 > フジテレビ系アニメ > フジテレビの深夜アニメ枠 > ノイタミナ アニメ > テレビアニメ > フジテレビ系アニメ > フジテレビの深夜アニメ枠 > ノイタミナ テレビ番組 > 深夜番組 > 深夜アニメ > ノイタミナノイタミナ』(noitaminA)
    173キロバイト (6,166 語) - 2022年8月12日 (金) 16:04



    (出典 psycho-pass.com)


    まあサイコパスかピンポンのどちらかやろね。特にサイコパスの1期は最高すぎた

    1 風吹けば名無し :2022/02/25(金) 20:07:29.35

    なんや


    【【朗報】ノイタミナ史上、最高傑作アニメといえばもちろん…】の続きを読む




    藤子不二雄 > 藤子・F・不二雄 > 著作 > ドラえもん > 登場人物 > 野比のび太 野比 のび太のび のびた)は、藤子・F・不二雄の漫画作品『ドラえもん』に登場する架空の人物。漫画作品『ドラえもん』の副主人公。野比のび助と野比玉子の一人息子。1962年(または1964年)8月7日生まれ。
    122キロバイト (19,690 語) - 2022年7月12日 (火) 08:11


    のび太って普通に陽キャだからな。優しくて気配りできるし、人見知りもしないからモテて当然

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/02/26(土) 15:21:48.791 ID:PrBkL67nM.net


    【【ドラえもん】のび太とチー牛の決定的な違いwww】の続きを読む




    ドラゴンクエストシリーズ > DRAGON QUEST -ダイの大冒険- 『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(ドラゴンクエスト ダイのだいぼうけん)は、堀井雄二(監修)、三条陸(原作)、稲田浩司(作画)による日本漫画、およびそれに基づいたアニメ作品。2019年12月時点で単行本累計発行部数は4700万部を突破している。
    210キロバイト (27,042 語) - 2022年8月16日 (火) 23:12


    「利他性の果ての自己犠牲」という呪いを乗り越えた真の勇者はポップである──『ダイの大冒険』における「勇者」という存在、マアムにはもったいないわ

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/02/08(火) 18:12:31.83

    2022年2月8日 12:00 公開

    ※この文章は『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(以下『ダイの大冒険』)の重要な部分に関するネタバレを多く含みます。

     『ダイの大冒険』について考えるということは、『ドラゴンクエスト』について考えるということでもある。そして同時に、「少年漫画」について考えることでもある。

     かつて『ドラゴンクエスト』は、RPGというゲームジャンルを日本に伝道する上で、鳥山明によるキャラクターデザインを始めとする少年漫画のさまざまな意匠や、当時黄金時代を迎えていた「週刊少年ジャンプ」というメディアの力を活用するなど、少年漫画の力を最大限活用することで社会現象を起こすほどの人気を獲得した。

     そんな『ドラゴンクエスト』を改めて「週刊少年ジャンプ」誌上で漫画化する。その際に、『ダイの大冒険』がお手本としたのは、前回の記事でも指摘したように少年漫画の名作の中の名作、『あしたのジョー』である。

     『ダイの大冒険』が当時絶大な人気を誇っていた『ドラゴンクエスト』のIPの力にあぐらをかいたような内容の漫画であったとすれば、おそらく現在にまで語り継がれるような人気作にはなっていなかっただろう。『ドラゴンクエスト』の各要素をどのような形で少年漫画化すればいいのかを徹底して考え抜いているからこそ、『ダイの大冒険』は面白い「少年漫画」になったのだ。

     今回、改めて考えてみたいのは、『ダイの大冒険』における、「勇者」についてである。

     『ドラゴンクエスト』シリーズ、特に初期ロト三部作において、我々ゲームプレイヤーの分身とも呼べるであろう主人公キャラクター、それが「勇者」だ。





    (出典 img-denfaminicogamer.com)

    (画像はドラゴンクエスト“ロト伝説”シリーズ 公式プロモーションサイト | SQUARE ENIXより)

     『ダイの大冒険』は『ドラゴンクエスト』を漫画化する上で、「勇者」という存在をどのように解釈し、どのように漫画的に表現したのか。これは本作を構成する上で最も重要な核心の部分と言えるだろう。だからそんな核心について振り返る以上、今回この文章は非常に長い(大体15000字程度)。よろしければお付き合い頂きたい。

     というわけで、本作に登場するふたりの「勇者」であるアバンとダイ、そしてもうひとり、この作品を語る上でどうしても外すことの出来ない人物、魔法使いのポップについて振り返ってみよう。

    文/hamatsu






    「勇者のセカンドキャリア」を生きるアバン 

     まずひとり目の「勇者」、アバンについて振り返ってみたい。


    (出典 img-denfaminicogamer.com)

    アバン(画像はキャラクター紹介|ドラゴンクエスト ダイの大冒険より)

     アバンというキャラクターを振り返る上で重要な点、それは「勇者」の「セカンドキャリア」を描いたというところにある。

     かつて世界を危機に陥れた「魔王」を倒した紛れもなく本物の「勇者」であるアバンは、登場時点において「勇者のその後」を生きている人物である。

     「魔王」を倒した後の「勇者のその後」が果たして幸せな人生になるのか。『ドラゴンクエスト』シリーズに限らず、さまざまなRPGタイトルをプレイした人なら一度くらいは抱いたことのある疑問なのではないだろうか。

     ゲームを開始した当初はごくごく普通の一般人として、最弱クラスのモンスターすらどうにかこうにか倒せるくらいの強さしか持っていなかった「勇者」が、最終的にはその何倍、
    なんだったら数十倍、数百倍の能力を獲得し、世界全体を滅ぼしかけていた存在すらも倒してしまう存在になり、ついに「魔王」を倒した後に訪れる皆が待ち望んだ平和な「その後」の世界。
     果たして「勇者」は、そこで平穏な生活を送れるようになるのか。かつての平凡な日常に戻れるのか。これはこれらのゲームをプレイしていれば自然と沸いてくる疑問だろう。
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/220208a


    【【ダイの大冒険】大魔道士ポップとかいう、最高の男www】の続きを読む

    このページのトップヘ